続続・すみれ日記

すみれ洋裁店→ 〒393-0061長野県諏訪郡下諏訪町御田町下3210TEL&FAX 0266-27-8386 e-mail sumire3210@proof.ocn.ne.jp OPEN 13:00-19:00 CLOSED 火・水曜日 JR下諏訪駅より徒歩10分*お車でお越しの方は町営駐車場をご利用下さい。地図→リンク欄参照

20060630

 

打率


天気 曇り時々雨 気温 25℃

カシメを木槌で打っていて、誤って自分の指を打つ。こんなマンガみたいな失敗をすることがたまにある。打っている途中で何故か自分の手を打つイメージが浮かび、気をつけよう、と思っている間にほんとになってしまう。その一瞬の出来事は毎回訳がわからないまま、痛いの痛いの飛んでいけとうずくまるしかない。

20060629

 

甘夏


天気 快晴 気温 24℃

オーダーのBAGの締め切りが走って追いかけてくるので逃げろ、逃げろと慌てて走り出す。息が切れそうになってちょっと休憩。甘夏の皮を剥く。

20060626

 

夏が来る前に


天気 小雨 気温 22℃

ああでもない、こうでもない、と続けてきた試行錯誤がようやく一段落し、スッキリする。これからまた別の課題があるけど、とりあえず良し。
昨日、今日と遠方からのお客様が続き、姿勢を正す。



明日、6月27日(火)と
明後日、6月28日(水)は定休日です。

20060625

 

制作ノート11


天気 曇り 気温 23℃

ばたばたとした日。
そんな中、あるヒラメキが浮かぶ。考え込んでる時には全然ダメで、動いている時にポンと出てきたりする。脳の構造的に体を動かすとひらめく仕組みになっているのかも。

20060624

 

さくらんぼと私


天気 快晴 気温 24℃

午前中は二日酔いのため、地べたを這うようなテンションで過ごす。さくらんぼをお裾分けにいただき、その瑞々しさ、爽やかさ、可愛らしさを羨みながら、つぎつぎ口に入れる。

20060623

 

ふらりと


天気 曇り 気温 22℃

久しぶりの友達が遊びに来る。同じくらい久しぶりの友達がもう一人、殆んど同時に来る。
「ふらりと来たくなるんだよね」という言葉が妙に嬉しかった。
どうぞみなさん、ふらりとお出掛けください

20060622

 

HOME SEWING


天気 曇りのち雨 気温 21℃

紐の研究。
袋やかばんを作る上で、紐は必要不可欠で、長さや幅、厚みによって用途は様々に変化する。同じ幅でも厚さが違うと全然印象が変わったりして面白い。



・「かみさま」、入荷しました。

20060620

 

元気があれば何でもできる


天気 晴れ 気温 21℃

細かい作業をしすぎて、ぐったりする一日
体力低下か。何かトレーニングでも始めようかな。
どこを鍛えればいいんだろう?
森光子ってほんとすごいな。


明日、6月21日(水)は定休日です。

20060619

 

かみさま


天気 快晴 気温 24℃

大平一枝さんの著書「かみさま」(ポプラ社)が21日に発売される。http://www.kurashi-no-gara.com/
紙が主役という少し変わった切り口のこの本は、昨年夏の取材から大切に温められ、満を持しての完成となった。その間に状況は変わり、私たちにとっては記念の一冊となった。すみれ洋裁店を始めるずっと前のneedle and thread 結成に纏わる話など、普段の取材では語ることの無い内容が、名刺やハガキという何気ない紙にひそむ物語として、素敵な写真と共に書かれている。いろんな人の紙さまのお話はみんな静かで温かい。ここに呼んで下さったかみさまに感謝します。

20060618

 

向暑


天気 雨のち晴れ 気温 21℃

おなかに赤ちゃんのいる友達が来る。
体の都合で、コーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティーは控えているそうなので、普段何を飲んでいるのか尋ねてみると麦茶という答えが返ってきた。
そろそろ麦茶の美味しい季節がやってくる。


・街並み6月号、入荷しました。

20060617

 

あたま山


天気 快晴 気温 23℃

作文を頼まれて、一日中文豪のように紙くずを丸めたり投げたりしていた。ブログ以上長い文章を書くのは久しぶりで、脳ミソがむくみそう。文章を書く仕事の人ってすごいなー。明日は手を動かしたい。

20060616

 

ばら


天気 晴れ 気温 22℃

ともだちの家の庭に咲く、深紅のばらをお裾分けに頂く。
蝶々が惹きつけられるように鼻を近づけると、気高いローズの香りがして、その美しさにさすが王様だと納得する。

20060615

 

紙とエンピツ


天気 雨 気温 21℃

小さい時、文房具屋さんで動物の絵や花柄、キャラクターの文房具を買うのが至福の時だった。常に身近にあるものだから、それは真剣に選んだ。今でも文房具好きは相変わらずで、やっぱり真剣に選んでしまう。

・MUCUhttp://mucu.jp/のノートやレターセットなど入荷しました。

・アルネ16号、入荷しました。

20060613

 

制作ノート10


天気 曇り 気温 22℃

同じ寸法、同じかたちのくり返し
もっとマシーンのようにやりたい。



明日、6月14日(水)は定休日です。

20060612

 

デンマーク式 1


天気 晴れ 気温 21℃

この旅行かばんの中にあるものは
誰かのいらなくなったものです

必要なものは自由に持っていってください

不要になったものは自由に置いていってください



デンマーク式 はじめました。

20060611

 

6月11日に生まれて


天気 小雨 気温 19℃

川端康成(1899)
沢口靖子(1965)
ジャン・アレジ(1964)
山口もえ(1977)
岡本一平(1886)
チェ・ジウ(1975)
わたし(1974)

20060610

 

フラワーマジック


天気 曇り 気温 19℃

「明日、誕生日でしょ?」 と、近所の女の子がお花を抱えてやってきた。カラフルな砂糖菓子みたいに、甘い香りがして空気が華やぐ。しばらくうっとりして、どこかの国のお姫様にでもなったような気分になる。この世に花があって本当によかったなあと思う。

20060609

 

制作ノート9


天気 雨 気温 17℃

梅雨入り
朝から雨降りだったけど午後にはあがる。
頭の中がいっぱいになってきて、また試作段階に入る。
ひとつひとつ試してわかっていくしかない

20060608

 

深呼吸の必要


天気 曇り 気温 20℃

昨日は地元の生活情報誌「ぷらざ」の取材で木曽へ。
すみれ洋裁店の私がkanehenの田口さんhttp://ivory.ap.teacup.com/kanehen/を訪ねるという編集長の企画で、新しく開通した権兵衛トンネルを抜け、到着後、田口さんの案内で大桑村の名所をまわり、最後に上松町の赤沢自然休養林に行く。 森林浴発祥の地というだけのことあって、ヒノキの香りと川のせせらぎと鳥の声が全部本物で素晴らしかった。
「クマなどの動物との出会いにご注意ください」という看板が冗談みたいでおかしかった。

20060606

 

真っ暗け


天気 晴れ後雷 気温 21℃

朝はしっかり晴れていたのに、午後はすごい雷様がやってきた。子どもの頃からのクセで、ぴかっと光るとすぐ数をかぞえてしまう。それで雷が近いか遠いか判断するのですが、今日は相当近くにいたらしく、ついに停電。30分以上電気は消えたままでした。ロウソクを灯したくなったけど無くてちょっと残念。



明日、6月7日(水)は定休日です。

20060605

 

花が咲いた


天気 晴れ 気温 22℃

名前は忘れたけど、縁起が良いという植物の花が咲いた。首長竜のようにぴよーんと伸びた茎の先が麦の穂みたいになっていて、どんな花が咲くのか楽しみにしていた。派手な花が咲くとは思っていなかったけど、そのあまりの地味さと毎日一つ二つとだんだん咲く、間抜けな可愛さが気に入っている。満開になったらすごくゴージャスな花になったりして。

20060604

 

あの街あの店2


天気 晴れ 気温 21℃

昨日お土産にいただいた豆菓子の入っていた紙袋。
「豆源」という麻布十番に本店のあるお店のもので、裏側には風味一流から始まる、歌詞のような豆についての短い文が印刷されている。江戸の粋が感じられて素敵だと思う。梅落花、みそ南京、おとぼけ豆の3種類、おとぼけ豆の味がかなり気になる。

20060603

 

古墳部


天気 晴れ 気温 25℃

同人誌「四月と十月」http://www.4-10.jp/の古墳部の皆様が来る。
今回諏訪地方の遺跡や古墳を見てまわるそうで、今日は下諏訪に泊まり、明日は茅野・富士見方面を見学するらしい。束の間の晩御飯をご一緒し、本当に楽しい時を過ごした。編集長のギター伴奏に合わせて皆で歌を唄ってわかれたけれど、その原始的な別れが淋しさを一層強くした。

20060602

 

筋肉番付


天気 曇り 気温 20℃

厚い生地を手でかがったりすると、針を持つ指に力が入り、翌日指が筋肉痛になったりする。
今日そんな針仕事をしながらふと自分の指筋はもしかして結構鍛えられているんじゃないか、と気が付いた。
そういえば指相撲にはちょっと自信がある。あれれ、また試してみたくなってきた。

20060601

 

旅をする


天気 晴れ曇り 気温 20℃

開店と同時に駒ヶ根からのお客様。夕方は広島からのお客様、と遠方から来て下さった方が続く。
・・・から来ました、という話を聞くと私もふわりと旅に出たくなる。なかなかふわりと行けないまま居る。今年は行ってみたい岩手、大阪、高知、広島、香川、長崎、福岡か、また行きたい北海道、新潟、金沢、富山、岐阜、神奈川、京都、奈良、兵庫、静岡、愛知、のどこか一つくらいは旅をしてみたい。まずは国内から。

Archives

January 2006   February 2006   March 2006   April 2006   May 2006   June 2006   July 2006   August 2006   September 2006   October 2006   November 2006   December 2006   January 2007   February 2007   March 2007   April 2007   May 2007   June 2007   July 2007   August 2007   September 2007   October 2007   November 2007   December 2007   January 2008   February 2008   March 2008   April 2008   May 2008   June 2008   July 2008   August 2008   September 2008   October 2008   November 2008   December 2008   January 2009   February 2009   March 2009   April 2009   May 2009   June 2009   July 2009   August 2009   September 2009   October 2009   November 2009   December 2009   January 2010   February 2010   March 2010   April 2010   May 2010   June 2010   July 2010   August 2010   September 2010   October 2010   November 2010   December 2010   January 2011   February 2011   March 2011   April 2011   May 2011   June 2011   July 2011   August 2011   September 2011   October 2011   November 2011   December 2011   January 2012   February 2012   March 2012   April 2012   June 2012   July 2012   August 2012   September 2012   October 2012   November 2012   December 2012   January 2013   February 2013   March 2013   April 2013   May 2013   June 2013   July 2013   August 2013   September 2013   October 2013   November 2013   December 2013   January 2014   February 2014   March 2014   April 2014   May 2014   June 2014   July 2014   August 2014   September 2014   October 2014   November 2014   December 2014   January 2015   February 2015   March 2015   April 2015   May 2015   June 2015   July 2015   August 2015   September 2015   October 2015   November 2015   December 2015   January 2016   February 2016   March 2016   April 2016   May 2016   June 2016   July 2016   August 2016   September 2016   October 2016   November 2016   December 2016   January 2017   February 2017   March 2017